使用しているプラグイン一覧 使用しているプラグイン一覧

Posted on

WordPressを使い始めて1年近くが経つのですが、ネット上で1年も過ごせば得る経験も情報も膨大な量になるものです。実際のところ、充実さがあれば半年でも十分でしょう、2ちゃんねる的な意味で。

コンテンツ管理に関わるプラグイン

Feedburner Feedsmith

WordPressのフィードにアクセスがあったときにFeedBurnerのアドレスにリダイレクトする。FeedBurnerを使うと、RSSのアドレスが、ブログや各記事のドメインと異なる[1] 場合Yahoo!ブログ検索にインデックスされなくなるらしいので対策用に使っています。しかしRSS (2.0)をメインで配信しているので、リダイレクトで処理していたりするので、機能が使いこなせているかは微妙

Flexible Upload

画像をアップロードする際に細かいサイズの設定や、複数画像のアップロードに利用。記事に挿入する際にLightbox(当ブログでは jQuery lightBox plugin を使用)のrel属性を付加してくれるので何かと便利。Operaで利用すると一番快適だったりする

Google XML Sitemaps

Google Sitemap用のxmlファイルを自動生成

Maintenance Mode

管理者以外の閲覧者にメンテナンス中のページを表示。maintenance-mode_site.php を編集して独自のメンテナンス画面を制作することもできる。これを応用して作成したのがduskfalls.orgの仮設ページだったりする

Simple Tags

Simple Tag を使用した際の記事編集画面

タグ機能強化プラグイン。以前はClick Tagsを利用していたけど、多機能なものが欲しくて変更。色々機能がある割には全然使いこなしていませんが、前述したClick Tagsと同機能のタグの入力支援機能は便利。これでスラッグとタグ名称の不一致による同名タグの存在の問題は解消されます

記事に関わるプラグイン

Akismet

スパムコメ & トラックバック絶滅ツール。コメント・トラックバック機能を利用するなら導入する基本プラグイン

Customizable Post Listings

最近の投稿リストを表示。多数の表示フォーマットを自由に組んで、独自の投稿リストを作成することが可能。当ブログではArchivesで 使用[2] 。やり様によっては、イラストカテゴリー内の最新画像のサムネイルの表示に利用したりもできる

Decoder

&, <, >, ” などを実体参照へデコードする。この機能に慣れすぎると、静的ページを手打ちで作成する際に自らバグを撒くことになる

Get Custom Field Values

カスタムフィールドの利用をすごく簡単にするプラグイン。主にサイドバーのイベント情報の掲載に利用

Kill WP Texturize

自動整形機能を無効にするプラグイン。似たようなプラグインにDisable wpautopという自動 <p> タグ入力を無効にするプラグインもあるけど、<p> タグを逆に利用したかったので導入していません

Search Word Highlight for Mutibyte

検索語句にスタイルを定義するプラグイン。初期設定が好きではないのでカスタマイズしまくって、ハイライトに関する記述はテーマのスタイルにビルトインさせています

WP-Footnotes

ページ下に脚注を表示

WP Multibyte Patch

マルチバイトに起因するWordPressの各種問題を解決するパッチ。検索時の全角スペースの扱いや抜粋記事の文字数はこれで改善される

WP-PageNavi

blog :: duskfalls.org のナビゲーション

ページ番号を並べたナビゲーションを作成。

管理画面をカスタマイズするプラグイン

Admin Drop Down Menu

Admin Dwop Down Menu を適用した管理画面(一部)

管理画面のメニューをドロップダウンにする。数クリックしないと行けないページに簡単にアクセスできる

その他プラグイン

Twitter Tools

ヘッダーに表示しているTwitterを最新投稿を表示させているのに使用している。Twitter側の提供しているJavaScriptを使い たくても、挙動が遅いためにヘッダーに表示させようとすると高さが増えてカラムが下に移動なんてことが発生するので、代替策として利用[3]

他のプラグインについて

上記で紹介したプラグインはブログを運営する上で必要と判断したものにしか過ぎず、WordPressをCMSとして用いる場合のプラグインを含めるとまだまだあります。

その辺はサイトが完成し次第新たな記事にしようと思います。

  1. Yahoo!ブログ検索対策【最終報告】 – FeedBurner Information
  2. Movable Type だと全記事アーカイブはデフォルトで搭載されているが、WordPressの場合月別アーカイブ(年別・日別も可能)しかないため、独自に作成する必要が ある
  3. Twitter最新投稿をサイトバーに配置すればいいのだけど、デザイン面で目途が立っていないのと、飾り気のないヘッダーが寂しくなるので、ヘッ ダーイラストでも作成しない限り移動させる気がないです