COMITIA88向けロケハン 近江八幡, 京都編 COMITIA88向けロケハン 近江八幡, 京都編

Posted on

COMITIA88には応募手続きはしたもののサークルカットが仮でアップロードしたものなので、後で上げ直さないといけない状況ですが、制作時間が少なくなる前にどんどん足りない情報を補っていきますよ! 例大祭とか行っている暇ないです、気になっていたけど行くの断念しました。

なお扱いたいテーマが「路地」、「水郷」、「古い街並み」なので、個人的には柳川が気になっていたのですが名古屋からだと福岡は遠すぎるので、近くにそれっぽい地域がないか探したところ郡上八幡と近江八幡が候補に挙がったのでまずは近江八幡へ行ってきました。

正直観光スポットはどうでもいい

八幡堀に降りれて人の少ない場所

近江八幡を選んだのは、近世には商業都市として発展し運河があることが一番の理由です。東京だと殆どが埋め立てられてしまったため近場で残っている場所となるとここか大垣くらいしかなかったので、景観的に近江八幡を選択。ただ観光スポットをテーマに同人誌を描くために来たわけではないので、人の多く集まるような場所や観光客目当ての場所は避けて、人通りの少なくて普通に住宅が建っているような場所を選んで探していました。

お蔭様で古い建物に関しては資料に困ることはないだろうし、念願の水路沿いの建物(バラックとかではなくもっと清楚な感じなもの)の資料も手に入ったので、昼過ぎには何もすることがなくなってしまったので、京都へ行くことに。

京都は新しい建物ばかり

京都を選んだのは京町屋の資料が欲しかったから。ただあると便利だろうけど本格的な資料にすると絵の内容が京都になってしまうから、そこまで需要もなかったです。

しかしいざ京都市内の路地に入っても、殆どの建物は新しく立て替えられたものばかりで、景観を気にしたつくりにはなっていても古風なものは一切なくなっていて、求めるものを得るために京都駅から鴨川右岸へとふらふらと歩いてました。

宮川筋

五条通から宮川筋に入って何枚か撮影しましたが、路地としての雰囲気はあっても建物がなんとなく残念です。ただこれでも本願寺周辺と比べたらまだ古めかしさが残っている方です。自分は京都に詳しくないので情報を知っている人に事前に訊くべきだったなと後悔。

それであてもなく松原通を東大路方面へと向かいながら、何か使えるものはないかと物色してたら、意外と横丁や建物の奥にある空間が使えそうだったので、何かしらのネタに使えたらいいんじゃないかと考え中。

松原通沿いの横丁

なるべく原付や自転車を入れて日常性を溢れさせるとよさそう。

ローソン八坂神社前店の看板

結局祗園まで行ってきました。花見小路沿いの細道から舞妓さんが現れたら外国人に混じって日本人もこぞってカメラで撮り始めるくらい舞妓さん大人気です。

一日の半分を徒歩に費やしていつもどおりにロケハンしてきました。

そういえばその頃CPUさんも京都の印刷所にポスターを取りに行ってたのですが、結局会うことはなかったです。多分19時頃の京都駅が一番接近していたのでしょうが、自分が先に京都線に乗って帰りました。

次のロケハン

事を早く済ませないと締め切りまでの日数が減ってしまう!