COMITIA88向けロケハン 郡上八幡編 COMITIA88向けロケハン 郡上八幡編

Posted on

久々に自動車運転しました。乗らないと慣れないわ。

今回は水路目当てに郡上八幡へ行ったわけですが、実際のところ水路は網羅するほど調べてないです。時間もないし使えそうな場所だけピンポイントで調べて、すぐに帰る感じでしたね。だけどそこまで使えるものには巡り合えなかったです。

観光としてなら時間に余裕があって春以降だったらじっくり行ってみたい場所だったのは確かです。

使えそうな風景

いがわこみち

家沿いに水が流れていてものすごく生活観の現れている場所の方が郡上八幡らしいけど、今回はその地域とは逆の南側の方を調べていたので、結局撮影できずに帰ってきました。

記録していた方が後々便利になったかもしれないです。柳川用水とか水舟は風情があるし郡上八幡らしい光景だけど、それだと絵として利用しても「郡上八幡」にしかならないから、今回の同人誌制作で役に立つかというと別方向なんですよね。

「いがわこみち」の写真はとりあえず何枚か撮ったものの、本当に利用するかというとこれも使いたい内容と違って微妙な感じ。

どうやら高校の修学旅行で訪れた萩の藍場川の方が、自分の理想とする水路に近かったようで、期待して郡上八幡に訪れた割には好みの情報を得られなかった感が強かったです。

いい所なんだけど重要な資料にはなりにくいのはちょっと痛いです。

観光地から離れたところにある横丁

他にはいくつかの路地や横丁を調べてきました。

こういった場所は名古屋市内にもあることは確かで、以前には呼続や下之一色を調べたことはあります。他にも都内などの写真も何点かあるのでそこに新たな地域が追加されたことで多彩になりました。

とりあえず路地や横丁の資料に関しては不足に困らないかと。

あと欲しいのは月島の写真になるかな。実は佃島は豊海へは行ったことがあっても、古い地域の路地へ入ったことがないので、時間ができたら訪れておきたいです。

同人誌では使わないけど他で使えそうだったもの

郡上八幡駅ホーム1

長良川鉄道郡上八幡駅。

なかなか立派な木造屋根だったので、田舎とか描くときに使えたらいいだろうなぁ。

その地域が宿場町として栄えた歴史でもない限りここまで立派な造りにはならないだろうけど。

郡上八幡駅ホーム2

なかなかいい雰囲気なのは確か。

けど運行ダイヤはだいたい1時間半に1本。名古屋から電車乗り継いでまで行きたいかとなると答え辛い……

試しに自宅からの所要時間を調べてみたら片道で3時間以上かかるみたい。定期券と青春18きっぷを使えば長良川鉄道の料金のみ支払えばいいけど、なかなか辛いなぁ。同じ所要時間で京都まで行けちゃうよ。ちなみに自動車だと高速道路使ってだいたい1時間半。料金はETC割引適用で若干自動車の方が高いくらい。

さて、次はどうやって訪れようか……

吉田川沿いの建物

あと吉田川沿いの建物の岸壁へのへばりつき方が異常だった。